ペット葬儀の火葬徳用の手順

ペットの死

愛犬が死んでもう5年。愛猫も後を追うように亡くなりました。
人間20代後半にもなると、人間や、ペットの葬儀に立ち会うことは多く、人の葬儀とペット葬儀を合わせると7回位参加しています。

どちらも体験すればわかるのですが、火葬、そして供養の方式は結構似ています。というよりもほとんど同じです。ペット葬儀も火葬も、人間の時の葬儀と火葬とほぼ同じようなものであり、ひたすら辛く、そして悲しいです。
余程のことがない限り、ペットというのは人よりも早く死んでしまいます。寿命が短いので、ペット葬儀や火葬は必ずペットを飼っているのならばすることになります。そして供養もしなければなりません。お墓を立てて供養するか、家に骨壷を置いて供養するかはそれぞれです。

しかし、初めてペット葬儀をすることになる人には何をすればいいのか解らないもので、困惑してしまうかもしれません。だから、今回は自分が知っている範囲ですが、ペット葬儀について紹介します。基本的な流れは覚えているので、縁起でもない話ですが、覚えておいたほうがいいことが多いのでぜひ御一読ください。

まず、最初にしなきゃならないことは、覚悟をすることです。初めて愛犬が死んだときはやはりしばらく呆然としていました。15年の長い付き合いだったので余計に悲しかったですね。

イチ押しリンク

見つかる東京のペット葬儀検索サイト~ペット葬儀社・霊園ナビ~
ペット葬儀を大阪で利用するなら<北摂池田ペット霊園>

葬儀の費用をチェック|SOOGI
知っておきたいペット霊園の事:ペット葬儀なび